趣味関係のニュースまとめました。

 総理大臣杯の関東地区予選となるアミノバイタルカップは18日、準決勝を行った。法政大が東京学芸大に3-0で快勝。1年生MF中川敦瑛(横浜FCユース)が先制点を決めると、後半にはFW飯島陸(4年=前橋育英高)が2ゴールを決めて突き放した。法大の決勝進出は初優勝した18年大会以来。 準決勝のもう一試合では産業能率大が山梨学院大に2-1で競り勝った。1-1の後半29分にMF城定幹大(3年=市立産業能率大と法政大が決勝に進出した
 総理大臣杯の関東地区予選となるアミノバイタルカップは18日、準決勝を行った。法政大東京学芸大に3-0で快勝。1年生MF中川敦瑛(横浜FCユース)が先制点を決めると、後半にはFW飯島陸(4年=前橋育英高)が2ゴールを決めて突き放した。法大の決勝進出は初優勝した18年大会以来。

 準決勝のもう一試合では産業能率大山梨学院大に2-1で競り勝った。1-1の後半29分にMF城定幹大(3年=市立船橋高)が左足で勝ち越し点を奪った。産能大の決勝進出は初。都1部からの出場で快進撃をみせていた山学大は3位決定戦に回ることになった。

 総理大臣杯出場の残り2枠を争う順位決定戦では、まずは駒澤大流通経済大を3-0で下した。FW宮崎鴻(4年=前橋育英高)が前後半に1点ずつを決めると、10番FW土信田悠生も試合終了間際に得意のヘディングでゴールを奪った。J1内定選手7人を擁す流経大は、総理大臣杯出場を逃した。

 もう一試合では東洋大日本大との打ち合いを5-2で制し、5大会ぶり2回目の総理大臣杯出場を決めている。

☆総理大臣杯出場
産業能率大(初出場)
法政大(4大会連続23回目)
山梨学院大(初出場)
東京学芸大(13大会ぶり5回目)
東洋大(5大会ぶり2回目)
駒澤大(3大会連続18回目)

■準決勝
産業能率大 2-1 山梨学院大
[産]川名連介(47分)、城定幹大(74分)
[山]平河悠(59分)

法政大 3-0 東京学芸大
[法]中川敦瑛(24分)、飯島陸2(49分、66分)

■順位決定戦
東洋大 5-2 日本大
[東]前田泰良2(45分+2、54分)、室井彗佑(63分)、横山塁(77分)、山下勇希(90分+4)
[日]近藤友喜(73分)、大森渚生(88分)

(7月25日)
■決勝
産業能率大-法政大

■3位決定戦
山梨学院大-東京学芸大

■5位6位決定戦
東洋大-駒澤大

■7位8位決定戦
日本大-流通経済大


●第95回関東大学L特集