趣味関係のニュースまとめました。

最後の夏、父と同じ舞台を踏むことができず目を潤ませた。旭川工・塚目翔雲投手(3年)は先発としてマウンドに上がったが、本来の投球が出来なかった。1回先頭から2者連続で四球を与え、味方守備のミスが絡んで先制点を許した。2回に同点に追いついた…