趣味関係のニュースまとめました。

2021年は特に、SWルアー開発に力を入れている「O.S.P」。 インスタグラムとフェイスブックでも、SWルアー専用アカウントが開設されるなどして注目を浴びています。さて! 先日、記者の元にあるニュースが飛び込んできまし […]

2021年は特に、SWルアー開発に力を入れている「O.S.P」。

インスタグラムとフェイスブックでも、SWルアー専用アカウントが開設されるなどして注目を浴びています。さて! 先日、記者の元にあるニュースが飛び込んできました。

 

「O.S.P TEAM OCEAN」が遂に始動

東京湾の選りすぐりの凄腕キャプテン達をメンバーに加え、O.S.Pが本格的にソルトルアー開発に本気で挑む、「O.S.P TEAM OCEAN」が遂に始動しました。

 

東京湾ボートゲームの猛者4名にて編成された「O.S.P TEAM OCEAN」。

シーバスやサワラに限らず、様々な魚種をターゲットとする中で、O.S.Pルアーの有効性を現場レベルで実証する必要があることで、普段からO.S.P製品を愛用する凄腕船長達とO.S.Pがタッグを組み、今後ソルトウォーターフィッシングに特化したルアーを開発予定。

では、「O.S.P TEAM OCEAN」に加わった4名の凄腕船長をこれから順番に紹介していきます。

 

遠藤正明(えんどうまさあき)

アイランドクルーズ代表。

1997年よりシーバスガイドをスタートし、横浜、京浜、内房エリアでのランカーシーバス狙いを得意とする東京湾のルドラブームの火付け役。2010年よりO.S.Pのソルトプロスタッフとして在籍。

船宿URLはこちら

 

岡元健二(おかもとけんじ)

なぶらフィッシング代表。

鹿児島県出身、東京でサラリーマン生活を過ごしていたが、釣り好きが高じて脱サラ。

37歳の若さで遊漁船業を開業。タイラバをメインにシーバス、サワラなどの魚種を展開する東京湾超人気ガイド。

船宿URLはこちら

 

水谷純也(みずたにじゅんや)

東京湾シーバスガイドSTRIKER船長。

シーバス&チャーター船として横浜を拠点に、ストラクチャーシーバスをメインに展開。ストラクチャーシーバスにおいて、小型シャッドやミノーが一般的とされる中、ルドラやヴァルナを駆使したパワーゲームを得意とする凄腕ガイド。また、サワラや青物などの魚種も精力的に活動する名ガイド。

船宿URLはこちら

 

林克樹(はやしかつき)

林遊船代表。

創業70年を超える江戸前の老舗船宿の4代目代表。ルアー船に注力し、現在はシーバス、ルアー五目、サワラ、メバル、タイラバなど各種ルアー船を展開。2021年、東京湾にて開催された「東京湾ボートメバルチャンピオンシップ2021」にて「HPシャッドテール」を駆使して、準優勝の経歴も持ち合わせる凄腕船長。

船宿URLはこちら

 

以上、「O.S.P TEAM OCEAN」の主なメンバーとなる、4名の凄腕船長の紹介でした。

これまでバスルアーを中心に開発してきたO.S.Pですが、これからどういったSWルアーが生み出されていくのか? 楽しみですね。

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。