趣味関係のニュースまとめました。

今年の私は、過去にこれほどまでにロッドのテストに追われた年はなかったのではないか? というぐらいロッドテストに明け暮れていて、今年の春は、ほぼプロトロッドでしか釣りができていないというぐらいです。 一からやり直すことにな […]

山田ヒロヒト (hirohito yamada) プロフィール

バックドリフト、ノーテンションソフトフォールなど、新たなエギングの扉を開き続けるエギンガー。2016年年末に、それまで23年勤めた会社を退社、2017年よりフルタイムのプロアングラーとしての活動を開始。これまで通りエギング関連アイテムの開発を続けるほか、イカ係長とフィッシングブランド「NUTS & VOLTZ」を立ち上げるなど、活躍の場を広げている。なおアオリイカの自己記録は屋久島ロケ中に捕獲した4280g。1968 年7月生まれ、大阪府出身、奈良県在住。趣味はスノボと一眼レフカメラ撮影。

今年の私は、過去にこれほどまでにロッドのテストに追われた年はなかったのではないか? というぐらいロッドテストに明け暮れていて、今年の春は、ほぼプロトロッドでしか釣りができていないというぐらいです。

一からやり直すことになるモデルもあり大変なのですが、テストを繰り返すために確実にブラッシュアップされ、とんでもないすごいロッドが狙い通りに仕上がってきています。

こういったモノづくりでは開発とテスターの意思疎通がとても重要な要素、開発作業では、感覚的な部分を形にす必要がありますが、できるだけ数値化していって見える化できればと思っています。まだまだ開発は続きますが、来年のフィッシングショーでお披露目できるかと思うので、ぜひ楽しみにしてくださいね。

今回の連載は、発売されたばかりのエメラルダスステイ・タイプS(3.0号、3.5号)の新色について深堀り

タイプSの「S」が持つ意味とは?

さて、今回の連載のメインテーマですが、タイムリーな話題ということで、発売されたばかりのエメラルダスステイ・タイプS同 タイプS  RV(3.0号、3.5号)の新色について深堀り解説していきたいと思います

新色解説の前に、タイプSについておさらいしておくと…。

この「S」っていう文字ですが、SLOW、SHOW、のように、ゆっくりみせる、見せつけるという意味があり、実は「shallow」という意味ではありません。
というのも「shallow」という意味の「S」にすると、浅瀬でだけ使うというイメージを持たれてしまうと考えたからです!

私的には、ゆっくり落として、ゆっくり見せるというイメージを持ってもらいたいという意味で、「タイプS」としているので、その辺りをぜひ頭に入れていただけるとウレシイです!

 

ちなみに、タイプRは、今までDEEPやDタイプと言っていましたが、Rという、reflectionやreactionのような、よりクイックに動くようなエギのイメージを持ってもらうために、この名前にしました。
とくにDEEPのように深場というとそれをイメージしすぎるために、潮が速いエリアや、シャローでもより遠くに飛ばしてクイックなアクションで誘うことをイメージしています。当然従来の深場や浅場の使用はエギが軽くなる、重くなるで調整することは基本としていますので、ご注意ください。

さて、本題のエメラルダスステイ・タイプS同タイプS   RVの新色についてですが、素晴らしい出来栄えかと思います。
ちなみに今回の新色のネーミングは、オンラインサロンのメンバーにも考えてもらい、実際、そのメンバーの考えた名前が使用されています。

まあ私自身、数多くネーミングしてきたこともあって、だんだんマンネリ化してきていると思っていたので、新たな試みとしてネーミングしてもらいました!

それでは1つ1つ新色をご紹介していきます。ちなみに写真は、プロト制作時の写真もお見せします!

 

まずは、エメラルダス・ステイ タイプSの新色3色から!

 

コパー-フレイムシュリンプ

これはモンスターがよく口を使うカラー。コパーのボディにはっきりとした海老柄、背中は水中でそこまで目立たない深緑を採用しています。
良型、モンスターに効く実績カラーで、今後長い付き合いになりそうなカラーです

 

夜光-ナイトキャロット

ステイのよく光る夜光ボディに、キャロットのようなオレンジにエビ柄です。サイトフィッシングでも水中のエギがとても見やすくなっていますので、かなり使いやすいカラーだと思います。

 

 

ケイムラ-エキサイトダンサー

人気のケイムラボディに、私としては珍しくオレンジを背中に、スギ柄を明るい緑ではっきりさせて作りあげました。
絶妙な透け感がなんとも言えないカラー。ケイムラはどんな時にでもよく効くカラーとしてルアーでは確立されていますが、特に天気のいい日中で使ってもらいたいです。

 

続いてエメラルダス・ステイタイプS RV(ラトルバージョン)の新色5色について

夜光-インディゴリッチ

艶かしい夜光にちょっとリッチなインディゴカラーを背中に拭いたカラーで、水中では背中のカラーは水に馴染むカラーで目立たないカラーです。
これは目立つこととは逆に、違和感なく水中に漂わせてアオリイカの警戒心をといていくイメージです。夜は光らせて使えばアピールするカラーに変わりますので、これも面白いと思います。

 

コパー-パープルキャッツ

唯一今回の縦縞模様の布を使用。過去にわたってこの縦縞カラーがいい働きをしてくれてます。
背中のコパーカラーからのパープルへのグラデーションがなんとも言えないと思います。今回、コパーにこだわった部分がありますが、よく釣れてるカラーですので、ぜひお使いください。

 

ボーン-チェリーボーン

人気のピンクボーンAKUMAのボーンカラーバージョンで、乳白色のボディが背中のピンクをさらに際立たせるようにしました。
当然サイトフィッシング時にエギの場所をすぐに発見できるくらいに際立って目立つカラーですので、春のエギ後方にゆっくりと近づくモンスターの発見もいち早くエギの位置を確認することで可能となります。

 

ボーン-サンダーボルト

おっぽのオレンジが水中にいるエギを人間の目から発見しやすくしています。
稲妻のようなイエローの柄がなんともセクシーな色合で、今までにあんまりないカラーだと思いますので、ガンガン現場で投入していってもらいたいと考えています。

 

ボーン-恥じらいマッカレル

ボーン素材の乳白色だからこそ、成り立った背中のなんとも言えないブルー、マッチザベイトになるのでは?
ベイトが多いエリアで、ズバリこのカラーで捕食のスイッチを入れさせましょう。

今回、ラトルバージョンには、大人気だったボーン素材でラトルの音を変えてアピールするカラーを3色が登場!
ちなみに前回のノーマルのステイで大人気だったカラーです。店頭から消えてしまったほど、フィーバーしましたので、ご要望にお答えしてナイスなカラーを3色用意しました。

【参考動画】ボーンカラーで釣れるのか?

出典:YouTubeチャンネル「ヤマラッピちゃんねる」

 

以上、エメラルダスステイ・タイプSと、エメラルダスステイ・タイプS  RVの新色は全部で8色、ステイシリーズは非常にカラーも豊富で、表現力があるカラー群が多いので、ぜひ楽しんで使用してみてください

夏イカに効く! 良型に効く、エメラルダスステイ・タイプS! 動画もぜひ参考に!

なおシーズンを迎えている夏イカですが、昨年もそうでしたステイのタイプSで良型を連発してます! 動画にも上がってますので、参考にしてもらえるといいかと思います。

ライブリィロールからのフォールで食わせるシーンもきっちり撮れてますので是非!
また夏を過ぎると、秋の型をだしていく方法としてもステイやステイタイプSの3号は使えますので、ぜひスタンバイさせておいてください!

【夏イカ・ステイの使い方・参考動画】

出典:YouTubeチャンネル「ヤマラッピちゃんねる」

 

【近況レポート】最近は、ロッドのテストに加えて、もちろん色んな釣りも行っています!

最近は、ロッドのテストに加えて、もちろん色んな釣りも行っています! そんな近況をレポート!
実は、少し前まで、北九州から長崎へと移動しながら、色んな釣りを楽しんでいました

 

北九州では遊漁船「booth」を利用してボートエギング!

オンラインサロンのメンバー(チームWOLFの面々)との初の釣りオフ会を開催

北九州では、オンラインサロンのメンバー(チームWOLFの面々)との初の釣りオフ会を開催。
その日は北九州の遊漁船「booth」でのボートエギング! 初めての人もいましたが、全員安打で楽しめたのでよかったです。なにかと昨年から直接お会いすることができなかったので、少しホっとした感じです。

ボートエギングにはショアに活かせるテクニックもふんだんにあるので、色々とレクチャーしながら楽しみました。
エギのポジショニング、底どり、アクション、タックルセレクト学ぶことは多いです!

オンラインサロンは有料ですが、ホントに釣りの好きな方がたくさん集まってくれていますし、周期的なZOOMによるオフ会もたまに私も参加させていただいています。テクニックの話もそうですが、一般的に公にできないような話まで深くエギングや釣りの業界のことを赤裸々に話していますので、なかなか刺激的な内容になっていると思います。これくらいの人数ならいいか!? っていう本音の部分がついつい出てしまうわけです

オンラインサロン「ヤマラッピタイムズ」詳細はこちら

 

長崎では、遊漁船「恵丸」さんにお世話になりSLJ(スーパーライトジギング)!

北九州を後して訪れた、長崎では、遊漁船「恵丸」さんにお世話になりSLJ(スーパーライトジギング)! いろんな魚を釣らせていただきました。
お客さんとも超楽しく釣りをさせて頂きました。

恵丸を利用しての釣り! 軍艦島の横で贅沢な釣り。抜群のロケーションです

なお「恵丸」さんの釣りに誘ってもらったのは、いつも長崎にきたら立ち寄る、坂下釣具さんのオーナー「けいちゃん」で、今回、はじめて一緒に釣りをさせて頂きました。最後の最後に本命のイサキをゲット、さすがでした! 長崎市内に立ち寄れば、また恵丸さんに乗船させて頂こうと思います。

 

SL Jはいろんな魚が釣れてくれました

 

たまたま同船した、釣りさるくのメンバーも皆さんよく釣っておられました

午後便で、15:00スタートの20:00時終わりって、なかなかイイ感じ!
返りには、女神大橋からの、船長と記念撮影。楽しい時間でした

 

そしてお得意の豚ホルモン! たまらなく美味いです

 

トマトラーメンは別腹

 

この連載を書いている場所というのは、実は長崎県・五島列島に渡る船の中

さて、この連載を書いている場所というのは、実は長崎県・五島列島に渡る船の中。
そうです、久々に五島へ! 五島列島の福江島といえば、ご存じ、DVD「エギング大好きシリーズ」の始まりの場所です。
福江島は、島の方達もとても気さくで面倒見がよく、初めて訪れた20年くらい前から、ずっと大好きな場所で、実際、何度も訪れています。

アオリイカはもちろんですが、ヒラマサやイカメタル、根魚となんでもかんでも魚影の濃さもピカイチで、いつ行っても楽しませてくれるエリアです。
ここしばらくは、島に渡れなかったですが、今回は夏イカをショアから楽しみたいと考えています、この模様はYouTubeちゃんねるのヤマラッピちゃんねるで公開しますのでお楽しみに!

 

さぁ、夏も本番、もう日中は地獄のような暑さになってきましたが、熱中症には十分に注意し釣りを楽しんでくださいね。

WEB連載 山田ヒロヒト「ヤマラッピワールド」
毎月20日 配信!

過去の連載記事はこちら

 

ヤマラッピ・最新動画情報

エギングに関する色んなテクや最新アイテムについては、YouTubeチャンネル「ヤマラッピちゃんねる」でもガンガン紹介していってますので、チェックしてもらえるとウレシイです!

なお、YouTube ヤマラッピちゃんねるのチャンネル登録はこちら

【エギング】激シブの中、プロが拘るエギの沈下速度攻略でアオリイカ連発!

 

【エギング】大型アオリイカ攻略の鍵!プロのエギ選択、実釣2キロアップ連発!

 

【たまちゃんが行く12】 野村たまみが琵琶湖でバス釣りするとこうなります。