趣味関係のニュースまとめました。

[7.22 東京五輪GL第1節 U-24日本 1-0 U-24南アフリカ 東京]「自分も普段だったら確実に入っているシュートを決めきれなかったので自分の中に多少焦りはありましたが、決めるとしたら自分しかいないと言い聞かせた。結果チームとして勝てて、とても嬉しいです」。U-24日本代表FW久保建英は充実の表情で試合を振り返った。 20歳とは思えぬ落ち着き、堂々としたプレー。東京オリンピック「決めるとしたら自分しかいない」久保建英、覚悟の左足弾に充実と安堵
[7.22 東京五輪GL第1節 U-24日本 1-0 U-24南アフリカ 東京]

「自分も普段だったら確実に入っているシュートを決めきれなかったので自分の中に多少焦りはありましたが、決めるとしたら自分しかいないと言い聞かせた。結果チームとして勝てて、とても嬉しいです」。U-24日本代表FW久保建英は充実の表情で試合を振り返った。

 20歳とは思えぬ落ち着き、堂々としたプレー。東京オリンピックの開幕を告げるにふさわしい、ホスト国の若者のゴールだった。スコアレスの後半26分、エリア内右でボールを受けた久保は、中に切り返してDFを外し、左足を一閃。強烈なシュートを左ポストに当ててゴールネットを揺らした。

「あのゴールはボールを持ったら中に切り返してファーを狙おうと決めていた。結果的に入って良かったです」

 初戦の相手、南アフリカは大会直前に3選手が新型コロナウイルス検査で陽性。18人が濃厚接触者と判定され、試合開催自体も危ぶまれていた。

 ただ久保は「蓋を開けてみたら南アフリカは全員がいいコンディションだった」と話すと、「僕たちも情報に踊らされるつもりはなかったですけど、すごくいいチームだったので苦戦した。結果的に最後に自分が差を出せてよかった」とホッとした表情で答えた。

「今はとても安堵している。嬉しさと安心が同じくらいあります」

 内容よりもまずは初戦を勝利したという結果が何より大きい。25日の第2戦は、初戦でフランスに4-1で快勝したメキシコが相手。グループリーグ突破に向けた大一番で、再び背番号7の左足に期待が集まる。


●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ