趣味関係のニュースまとめました。

他を覚えるのが面倒。十分強い。慣れればまぁまぁ早く結べる。安心感。 …という理由から記者はPEとリーダーの結束は「FGノット」一択。 そして20年近くほぼ同じやり方なんですが、これありかも…と、少し心が動いた結び方がこち […]

他を覚えるのが面倒。十分強い。慣れればまぁまぁ早く結べる。安心感。

…という理由から記者はPEとリーダーの結束は「FGノット」一択。

そして20年近くほぼ同じやり方なんですが、これありかも…と、少し心が動いた結び方がこちら。

 

風が強い釣り場でもこれでFGノット結べます!丁寧に解説FGノットの結び方を解説【りんたこ/岩崎林太郎】

出典:YouTubeチャンネル「sunlinefishing」

風があっても結べるFGノット、紹介してくれているのはプロアングラーにして遊漁船の船長としても活躍中の「りんたこ」こと岩崎林太郎さん。

 

どんなやり方かというと、メインのPEラインを口にくわえて固定し、リーダーを支点ににして編み込んでいく…といえばいいんでしょうか。

小指と人差し指にラインを巻きつけて編み込んでいく記者とは、まったく違うやり方です。たしかに、ラインのテンションが張ったままなので風に強そうだなと。

 

時短にもなる?

ていねいに解説しながら…組み終わりまでに掛かった時間は動画で測ると5分ちょっとくらい。普段はおそらくもっと早いはず。

 

特別このやり方がめっちゃ早い…というわけでもなさそうですが、風でクシャッとなってやり直し…などの時間を考えると、トータルでは時短になるんじゃないでしょうか。

とりわけ、風があると結びにくいライトゲームに良さそうな感じです。個人的にそろそろメバルが一段落するタイミングだし、次のハイシーズンまでに覚えようかなぁなんて思ったり。

覚えておいて損はないノットの組み方。ていねいでわかりやすい解説なので、気になる方はぜひ参考に!

本編はこちらからもチェック!

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。
独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。
最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!