趣味関係のニュースまとめました。

[7.19 プリンスリーグ関西第1節 興國高 1-0 大阪桐蔭高 J-GREEN堺 S5] 注目GKはプロ入りした先輩との差を目の当たりにし、より意識が高まっている。興國高(大阪)GK岩瀬陽(3年=アスペガス生駒FC出身)は、国体大阪府選抜歴やJクラブへの練習参加経験を持つ守護神。「シュートストップは遠い距離からだったらしっかり構えていたら止められる自信がある」というGKはこの日、ミドル興國高GK岩瀬陽は完封勝利
[7.19 プリンスリーグ関西第1節 興國高 1-0 大阪桐蔭高 J-GREEN堺 S5]

 注目GKはプロ入りした先輩との差を目の当たりにし、より意識が高まっている。興國高(大阪)GK岩瀬陽(3年=アスペガス生駒FC出身)は、国体大阪府選抜歴やJクラブへの練習参加経験を持つ守護神。「シュートストップは遠い距離からだったらしっかり構えていたら止められる自信がある」というGKはこの日、ミドルシュートに加え、抜け出してきた相手選手との1対1も阻止。課題のキックでミスがあったことを猛省していたが、判断の良い飛び出しを含めて1-0の勝利に大きく貢献した。

 “あの1失点”の悔しさを忘れずに課題を改善し、リベンジを果たした。勝てば全国出場の決まったインターハイ予選準決勝では、大阪桐蔭高に0-1で敗戦。決勝点のシーンでは、右サイドから抜け出してきた相手FWとの距離を詰めに行ったが、シュートを流し込まれてしまった。

 やむを得ない失点のようにも映ったが、本人は「見返して判断ミスと出足の遅れでやられた失点だったと思います」ときっぱり。そして、「あそこは(動かずに)我慢してやっていたら止めれた可能性の方が高かった。一個迷って出ていったことが失点に繋がった」と首を振る。

 プリンスリーグ関西で首位・履正社高に敗れた試合も自分の判断の遅れが失点の原因に。だが、自分の強み、課題についてしっかりと言語化できる守護神は、課題になった部分を修正し、この日の白星に繋げた。

 今月、昨年の守護神で横浜FM入りしたGK田川知樹がオフの期間を利用して興國の練習に参加。「動きの速さとか一個一個の練習のこだわりとか全然違うなと、めちゃくちゃ差が開きました。スピードのところはもっと意識高く、もっと速さを求めて練習からやらないといけないと、と知樹くんを見て思いました」と実感した。

 ハイボールの強さやシュートストップを強みとする注目GK岩瀬は関東の強豪大学への進学が有力だ。だが、大学経由でのプロ入りを狙っているだけに、これ以上先輩に引き離される訳にはいかない。より意識高くトレーニングすること。神戸からセルティックへ移籍するFW古橋亨梧の中高の後輩に当たる岩瀬は、その活躍も刺激に成長を続ける。

(取材・文 吉田太郎)


▼関連リンク
●高円宮杯プリンスリーグ2021特集