趣味関係のニュースまとめました。

皆さんこんにちは! ハイドアップスタッフのモリケンです! 「あの!旧コイケが復活!」…という事で待ち望んでいた方もいれば、あの奇天烈なルアーをどのように使って良いか分からない…という方もいるんじゃないでしょうか。 今回は […]

皆さんこんにちは! ハイドアップスタッフのモリケンです!

「あの!旧コイケが復活!」…という事で待ち望んでいた方もいれば、あの奇天烈なルアーをどのように使って良いか分からない…という方もいるんじゃないでしょうか。

今回は、そんな旧コイケの使い方や出しどころをご紹介していきます。

森田 健太郎(Kentaro Morita) プロフィール

HIDEUPフィールドテスター、VARIVASフィールドテスター。愛知県名古屋市在住の若手アングラー。バスはもちろんのこと、エリアトラウトやソルトウォーターもハイレベルにこなす。

 

旧コイケの出しどころ

キモは確実にバスがいる所で使うこと

コイケシリーズを年がら年中投げまくる僕ですが、コイケが最も効く状況、そうでない状況と明確に理解できたのは昨シーズンからなんです。

それが何かというと…ズバリ「バスが確実にいる場所で圧倒的効く」ということ。

サイトでもよく釣れるこのルアーですが、この辺にいるはずなんだけど…という場所よりは、ここに確実にバスがいるという場所に投げ込む事が最重要事項になります。

 

で、使用するリグは何かと言うと…

①:なんといってもダウンショット

 

この投稿をInstagramで見る

 

moriken(@kenstagram0623)がシェアした投稿

まず絶対に外せないのがこのダウンショットリグ。基本となるウエイトは1.8g どこのどんなフィールドに行ってもまずはこのウエイトからスタートします。

ここからバスの反応を見て、やたら浮いているなという時やより中層をフワフワ漂うものに反応している時は1.3gへ、逆にバスが少し下のレンジに見える時や、よりキビギビとした動きに反応する時は2.6gにシフトしていきます。

使い方はこんな感じ。

バスの先5m先ぐらいにキャスト→着水と同時にシェイクしながら斜め45度ぐらいの角度でカーブフォール→着底後は一点でずーっとシェイク

これが、一連の動作になります。

 

ダウンショットのタックル

●ロッド:マッカ HUMS-61LST
●リール:ハイギアスピニング
●ライン:アブソルートAAA 4lb
●ルアー:旧コイケ ダウンショットリグ

フックはワッキーマスターライトの#1がベストです!ぜひお試しあれ!