趣味関係のニュースまとめました。

 なでしこジャパン(日本女子代表)は21日、東京五輪初戦でカナダ代表と対戦し、1-1で引き分けた。試合後、高倉麻子監督が会見に出席した。 以下、会見要旨――引き分け発進となったという結果について。「昨日も話したが、このような状況の中での五輪開催ということで、難しい大会になったにも関わらず、このような形で私たちの初戦を迎えることができたことを、尽力して下さった皆さんに感謝の気持ちを伝えたいなでしこジャパンの高倉麻子監督
 なでしこジャパン(日本女子代表)は21日、東京五輪初戦でカナダ代表と対戦し、1-1で引き分けた。試合後、高倉麻子監督が会見に出席した。

 以下、会見要旨

――引き分け発進となったという結果について。
「昨日も話したが、このような状況の中での五輪開催ということで、難しい大会になったにも関わらず、このような形で私たちの初戦を迎えることができたことを、尽力して下さった皆さんに感謝の気持ちを伝えたい。その中で私たちは精一杯、試合に向かって、メンバー22人で戦った。初戦なので、勝ち点3を取りに行こうということで、選手とともにさまざまな話をしながら、試合に入ったが、やはりカナダも力があるチームだし、思ったようなゲームプランは、特に前半は早い時間に失点してしまったので、少し硬い雰囲気もありつつ、うまく攻撃が組み立てられなかった。後半は少し修正をした中で、日本のリズムになる時間帯もあったが、なかなか決定的なチャンスを作れず。それでも粘り強く選手は戦い、最後、岩渕が粘り強く戦う中で、しっかりエースの仕事をしてくれた。すべては勝ち点1を取れたことをプラスに捉えながら、私たちは一戦一戦成長していくと、チームの中では考えているので、次もっと良い試合ができるよう、全力で準備をしていきたい」

――試合の入り方が少しフワフワして序盤に失点してしまった。イギリス戦に向けてどう修正していくか。
「ゲームの入りに関しては、ずっと気を付けてねと言っているけど。ずっと、フワフワするなと言っているが、なかなかうまくいかないというか、少し受けてしまう形が多いので、最初の15分という表現をしたり、ゲームの入りと表現したり言っているが、相手の勢いというのは、海外のチームは特に、前面にフィジカルを押し出してくる、特に最初の15分というのは。こちらも蹴ってしまう形になってしまうので、今日また良い教訓になったと思うし、チームとしてもさらに集中力をあげていこうと。自分たちで変えていくしかないと思う」

(取材・文 折戸岳彦)


●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ