趣味関係のニュースまとめました。

長いトンネルを抜けたと思われたが、まだ出口を抜けてはいないようだ。シーズン100試合を過ぎても、広島の鈴木誠也から納得したコメントは聞かれず、納得した表情も見られない。9月9日には、6試合連続本塁打という、プロ野球記録にあと1試合と迫る球団記録をマークした。それでも試合後には「そんなこと言っている場合じゃない。僕はもう、毎日必死で打たないと」と危機感を口にした。下位に低迷するチーム状況もある。喜びを我慢しているわけではなく、謙遜しているわけでもなく、本心からの言葉だろう。