趣味関係のニュースまとめました。

LOGOSからバイクに積載しやすいサイズに収納できる「ツーリングテント&タープ」シリーズ5種が新発売! 本シリーズはコンパクトなだけではなく、背が高い作りなので駐輪スペースを確保もできるところが特徴。テントはスカートとC…

LOGOSからバイクに積載しやすいサイズに収納できる「ツーリングテント&タープ」シリーズ5種が新発売!

本シリーズはコンパクトなだけではなく、背が高い作りなので駐輪スペースを確保もできるところが特徴。テントはスカートとC型ドアが標準装備で1年を通して快適に過ごせる工夫が施されている。

ツーリングキャンプを楽しみたい方や、コンパクトに持ち運びできるテント&タープをお探しの方はLOGOSの新シリーズをチェックしよう!

「ツーリングテント&タープ」シリーズの共通機能

テント:オールシーズン快適に過ごせる標準装備

LOGOS_ ツーリングテント&タープ_12

ツーリングテント3種は全面にマッドスカートが標準で装備されているので、雨や冷気の侵入を防ぐことができる。また、入り口にはLOGOS独自のC型ドアを採用。入り口とテント上部にベンチレーション(換気)が設けられているため、空気が循環しやすく室内でも快適に過ごせる。

タープ:背の高いウイング型で駐輪スペースを確保

LOGOS_ ツーリングテント&タープ_13

ツーリングタープ2種は2本のポールで設営できるウイング型。必要なペグの本数が通常のタープよりも少ないので、荷物も少なくしたいツーリングやソロキャンプにも最適だ。

背の高いタイプのテントとも連結できるので、リビングスペースとしてはもちろん、自転車やバイクの駐輪スペースとしても使用可能。

付属品:コンパクトになる収納バッグ

LOGOS_ ツーリングテント&タープ_14

テントとタープそれぞれをコンパクトに収納できるバッグ付き。持ち手付きで持ち運びもしやすく、バイクにも積載しやすい◎

「ツーリングテント&タープ」シリーズのラインナップ

Tradcanvas リビング・DUO-BA

LOGOS_ ツーリングテント&タープ_2

LOGOSの人気テント「ツーリングドゥーブル・DUO」の前室の高さが180cmになり、広々とした空間を実現したのが「Tradcanvas リビング・DUO-BA」だ。

コンパクトだけど窮屈さを感じない居住空間で、大人2人でもゆったりと寛げる。別売のポールを組み合わせて前室部分をタープにすることで、アレンジも楽しめる。

Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA

LOGOS_ ツーリングテント&タープ_15

「Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA」も、リビング・DUO-BAと同じく前面に張り出すような形の1人用テント。こちらも別売のポール使用で前室部分がタープになる。

より広々したリビングを作りたい時は、「Tradcanvas ツーリングタープ-BA」と連結させるのがおすすめ。

Tradcanvas Q-TOP リバイバルSOLO DOME-BA

LOGOS_ ツーリングテント&タープ_4
「Tradcanvas Q-TOP リバイバルSOLO DOME-BA」は、コンパクトだけど風に強く、広々とした居住スペースのソロ用テント。

折りたたまれたフレームを持ち上げてカチッとロックするだけで、誰でも簡単に組立てられる。フレームがシートと一体化しているため、パーツの紛失を防げるところもポイントだ。

Tradcanvas ツーリングタープ-BA

LOGOS_ ツーリングテント&タープ_9
「Tradcanvas ツーリングタープ-BA」は、テントサイトに馴染みやすいアースカラーの軽量タープ。

ポールの高さは約180cmで「Tradcanvas リビング・DUO-BA」などの背の高いテントと連結しやすく、組み合わせることでアレンジも楽しめる。

トラッドソーラー ツーリングタープ-BA

LOGOS_ ツーリングテント&タープ_7
「トラッドソーラー ツーリングタープ-BA」は、UV-CUT率99.9%と遮光率100%の日差しに強い夏用タープ。LOGOS調べによると、日向と日陰では最大-15℃の温度差を実現し、暑い日でも快適に過ごすことができる。紫外線カットを重視したい方には特におすすめのタープだ。

LOGOS新シリーズはコンパクトなのにスゴイ!

バイクに乗せられるコンパクトなテントやタープは、背が低く窮屈そうなものも多いが、今回のLOGOSシリーズは高さが180cmという点に驚いた。高さがあると中に入るときに深く屈まなくていいところが地味に嬉しい。

屋根付き駐輪スペースを確保できるという点も珍しく、自転車やバイクを雨や夜露から守りたいツーリングキャンパーにぴったりだ。気になる方は公式サイトで詳細をチェックしよう!

関連記事はこちら!

▷【完全解説】ゼロから始めるソロキャンプツーリングの装備と楽しみ方

▷林道ツーリングを楽しむために必要な装備&持ち物と注意点【林道の探し方もご紹介】

▷キャンプツーリングに使える軽量コンパクトなソロテントのおすすめランキング11選