趣味関係のニュースまとめました。
賞金ランク2位に後退した小祝さくら(撮影/中野義昌)

◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日(12日)◇静ヒルズCC (茨城県)◇6680yd(パー72)

30位から巻き返しを狙った小祝さくらは3バーディ、3ボギーの「72」と伸ばせず、通算2アンダー30位に終わった。

「OBにいったり、林にいったりで大変な一日でした。すごく長く感じた1週間でした」。大会を通してのフェアウェイキープ率は62.5%(35/56)、1ラウンドあたりの平均パット数は29.5だった。

トップを維持してきた賞金ランクは、優勝した稲見萌寧に抜かれて2位に後退した。「まあ、いつひっくり返ってもおかしくない状況だったので、逆にここまでよくこの順位をキープできたなという感じだった。ここからまた切り替えて頑張りたい」と話した。

稲見とは約3251万円差で、シーズンは残り11戦。「まだ試合はたくさんある。(賞金が)大きい試合も多いと思うので、できるだけ調子を上げられるように頑張りたい」。初めての賞金女王へ気合を入れ直した。