趣味関係のニュースまとめました。

ミドストにボトスト。 中層やボトム周辺で一定レンジを保ち、ロールアクションでバスに口を使わせるという、少しテクニカルなワザ。 使用するワームにこだわることも大事ですが、安定した姿勢とアクションを生み、正確にフッキングを決 […]

ミドストにボトスト。

中層やボトム周辺で一定レンジを保ち、ロールアクションでバスに口を使わせるという、少しテクニカルなワザ。

使用するワームにこだわることも大事ですが、安定した姿勢とアクションを生み、正確にフッキングを決めることができる、ジグヘッド選びも大切。

さて、今回紹介するのがこちらのアイテム。

 

レンジローラー【オーナーばり/カルティバ】

誰でも簡単にキレイなロールアクションを演出できる、ミドスト&ボトスト対応NEWジグヘッド、「レンジローラー」を今回は紹介。

オーナーばり公式「レンジローラー」詳細ページはこちら

 

写真を見てもらうとお分かりいただけると思いますが、号数ごとにアイポジションやワームキーパーの形状が異なっています。コレはシェイクの際に水平姿勢を保った状態でレンジキープを行うためのコダワリです。

また、あえてバランスを崩しやすい高重心設計を採用、ヘッドが左右へ傾きやすいことで激しいロールアクションを発生。

このような感じで、水平姿勢とロールアクションにこだわった設計となっているため、テクニカルで難しいとされるミドストやボトストが、誰でも簡単にできるジグヘッドに仕上がっています。

 

ロールに伴うワームのズレを阻止

ロールが激しいとノットがズレやすくなり、キレイなロールアクションがだせなくなるというリスクがあります。

レンジローラー」はそのような点を考慮し、ラインアイには高めに設計した「縦アイ」を採用。さらにそこへ、ウエイトを鋳込むことで、ノットの位置が常にルアーの中心軸でキープ。ズレを防ぎ、常に一定したロールアクションを演出します。

また、ゴミが溜まりにくいといったメリットも。

 

細部へのコダワリ

レンジローラー」はキレイなアクションを生み出す理由以外にも、こだわられている箇所が色々! では、順番に解説していきますね!

 

ワームセットが超簡単

ワームセットが簡単に行えるように、ワームの刺し直しが可能なU字ワームキーパーを採用。鈍角でワームのズレや裂けを激減するワームキーパーです。

また、ラウンドベンドでワームがネジレにくいという工夫も施されています。

 

デカバスでもシッカリ掛かる

デカバスの硬い上顎にシッカリ貫通させることができるように、頑丈な中軸ワイヤーと刺さりバツグンなストレートポイントを採用。

フッキングパワーがスムーズに伝達する鈎先とアイの高低差もフッキングが決まりやすい理由。

 

サイズ&スペック

ラインナップは全9種類! 0.3g(#2)、2.7g(#1/0)、3.5g(#3/0)、5.3g(#3/0)は2021年の秋頃登場予定となっています!

号数 フック
サイズ
税込価格
0.3g #2 ¥440
0.9g
1.3g
0.9g #1/0
1.3g
1.8g
2.7g
3.5g #3/0
5.3g

 

参考記事はこちら!

「レンジローラー」の開発に広く携わった「杉戸繁伸」さんと「松下雅幸」さんの記事もぜひ参考に! 開発秘話やプロが実践するアプローチテクニックなどが詳しく紹介されていますよ。

【0.3gの超軽量ウエイトに注目】ホバスト対応!ロールアクションを簡単に出せる新作ジグヘッド!杉戸船長が解説「レンジローラー」

“まっつん”こと松下雅幸が実践!オーナーばりの新作ジグヘッド「レンジローラー」の使いドコロやオススメワーム&タックルセッティング

 

解説動画もぜひ参考に!

出典:YouTube「オーナーばり公式チャンネル」

以上! オーナーばりのNEWジグヘッド「レンジローラー」の紹介でした。

オーナーばり(カルティバ)

1968年創業、2018年には創立50周年を迎えた、老舗釣針メーカー。兵庫県西脇市に本社を置き、地場産業である針の伝統を基盤とし、最先端の技術を駆使し、多彩なニーズに応える企業。ルアー関連商品ブランドはカルティバ