趣味関係のニュースまとめました。
松山英樹の新シーズンがスタート(写真は2021年「BMW選手権」)(撮影/亀山泰宏)

◇米国男子◇フォーティネット選手権 事前情報◇シルバラードリゾート&スパ (カリフォルニア州)◇7123yd(パー72)

PGAツアーの新しい一年が慌ただしく始まる。昨季最終戦「ツアー選手権」終了からオフを1週挟んで、2021-21年シーズンの開幕戦が16日(木)にスタート。前年まで「セーフウェイオープン」として行われた試合が冠スポンサーを代えてリニューアルする。

156人のフィールドには今年のメジャーチャンピオンの名前も並んだ。「全米オープン」を制した世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)、「全米プロ」優勝のフィル・ミケルソン。そして「マスターズ」王者の松山英樹が8年連続で出場したシーズン最終戦から、つかの間の休みを経てさっそく登場する。

2019年大会優勝のキャメロン・チャンプ、16年から2連覇したブレンダン・スティールらに加え、正式にシード選手となったウィル・ザラトリスも注目選手。グレイソン・シグをはじめとする下部コーンフェリーツアーからの昇格組も気合が入る。

キラデク・アフィバーンラト(タイ)、アーロン・ライ(イングランド)は2週前までに入れ替え戦で今季の限定的な出場権をつかみ、前週はロンドンでの欧州ツアー「BMW PGA選手権」を戦い、再び米国に戻ってプレーするたくましさだ。

前年大会はスチュワート・シンクが優勝。キャディの息子とワイン樽型トロフィーを掲げた(Sean M. Haffey/Getty Images)

ワインの生産地として有名なナパバレー、シルバラードリゾート&スパでの大会の開催はことしで8回目。前年大会でスチュワート・シンクが「267」、通算21アンダーの72ホール最少スコアをマークしている。

<主な出場予定選手>
フィル・ミケルソンジョン・ラームキム・シウーウェブ・シンプソン松山英樹マックス・ホマキャメロン・チャンプブレンダン・スティールマット・クーチャーケビン・ナウィル・ザラトリスミト・ペレイラ