趣味関係のニュースまとめました。
5月以来の国内戦となる梶谷翼(写真は「中京テレビ・ブリヂストンレディス」)(撮影/奥田泰也)

◇国内女子◇住友生命Vitalityレディス 東海クラシック 事前(15日)◇新南愛知CC美浜コース(愛知)◇6502yd(パー72)

今年4月「オーガスタナショナル女子アマ」で日本勢初制覇を遂げた梶谷翼(兵庫・滝川第二高)は約4カ月ぶりの国内試合に臨む。6月の「全米女子オープン」をはじめ、「アムンディ エビアン選手権」、「AIG女子オープン(全英女子)」と今夏は計3試合の海外メジャーに出場。大会を終えてすぐに帰国したものの「強制隔離に自主隔離と、ここに来るまで5日間しかなかった」と練習不足に不安を募らせた。

海外での試合を振り返り、「いい経験をしたけど手応えはない」と自己評価は厳しい。戦績は3試合中2試合が予選落ちで、4日間やり遂げたエビアン選手権は48位。一時は海外ツアー挑戦の意向も口にしていたが、「今の状態だと全くですね。もっと練習をやらないとなって感じです」と現状を見つめる。

とはいえ、高校生活最後の夏に世界のトッププロが集結したハイレベルな大舞台を味わえたのは大きな財産。「いろいろ学べて、経験はできた。次はそれを生かすためにどうするかを考えているという感じです」とうつむいてばかりはいられない。

今月12日に18歳になった。「特に何もないですね。ケーキを食べたぐらい」と一喜一憂することもなく、いつも通り淡々としているあたりが梶谷らしい。18歳初戦へ向け「調整、練習とか全然できていなくて自信はないけど、出させていただけることに感謝しながら精いっぱいできればいいなと思います。予選通過はしたい」と控えめながら意気込みもチラリ。当面は11月のプロテストを視野に入れ、経験値を上げる日々となりそうだ。