趣味関係のニュースまとめました。

ずばり“85点”。今年のドラフト会議で、阪神はおおむね満足のいく結果が得られたと思います。さすがに佐藤輝明(1位)や伊藤将司(2位)、中野拓夢(6位)といった、文字どおり「即戦力」を獲得できた昨年には及ばずとも、今、チームが抱えているウィークポイントを踏まえた、戦略性のある指名ができたのではないでしょうか。