趣味関係のニュースまとめました。

 ファジアーノ岡山は13日、米子北高(鳥取)MF佐野航大(3年)の来季新加入が内定したことを発表した。1年時から米子北の10番を背負う佐野は攻撃性能の高さや競り合い、空中戦の強さが魅力のボランチ。今夏のインターハイではチームを過去最高タイの準優勝へ導き、大会優秀選手に選出されている。全国舞台で実力を証明したMFは、米子北OBで実兄のMF佐野海舟(現町田)と同じ舞台へ立つことになった。「岡インターハイで活躍した米子北高MF佐野航大がファジアーノ岡山入り
 ファジアーノ岡山は13日、米子北高(鳥取)MF佐野航大(3年)の来季新加入が内定したことを発表した。1年時から米子北の10番を背負う佐野は攻撃性能の高さや競り合い、空中戦の強さが魅力のボランチ。今夏のインターハイではチームを過去最高タイの準優勝へ導き、大会優秀選手に選出されている。全国舞台で実力を証明したMFは、米子北OBで実兄のMF佐野海舟(現町田)と同じ舞台へ立つことになった。

「岡山に決めた一番の理由というのは今、お兄ちゃんがJ2の舞台でやっていて、そこで一緒にやるというのが夢でした。その夢が一番すぐ叶うかもしれないというのがJ2の岡山でしたし、最初に声を掛けてくれたのも岡山さんだったので、その2つが決め手でした」。J3クラブからも熱心なオファーを受けていたようだが、佐野は2つの決め手と地元クラブでもある岡山入りを決断。もちろん、町田の今後の試合結果や兄の去就によって、夢の実現が先送りになる可能性もあるが、佐野は兄に追いつき、追い越すこと、そして岡山のJ1昇格を目指してプロ生活をスタートする。

 佐野は兄と入れ替わりで米子北へ進学。入学当初から比較され続けた3年間だった。「(ドリブルやアイディアを武器とする自分と)プレースタイルも違ったので気にしないようにしていましたけれども、逆に比較されていたのがモチベーションになったのもあります」。偉大な兄は1年時のインターハイと2年時の選手権で8強入りするなど全国舞台で活躍(2年時の選手権で大会優秀選手)。下級生時から高い評価を得ていたが、佐野は高校でなかなか結果を残せなかった。

 それでも、「最高学年になってチームのために自分がどういうプレーをしたら良いか考えて、1、2年の頃よりも責任や自覚が芽生えてから自分は成長できたと思っているので、これからもそこを忘れずにやっていければ伸びていけると思っています」。最高学年になってプレーが明らかに変化。岡山からも評価されている止めて・蹴る、ボールを失わない技術に加え、兄の試合を繰り返し見て学んだボール奪取やセカンドボールの回収でレベルアップした。逞しさを増し、プロ入りを勝ち取ったMFは兄との直接対決を待ち望んでいる。

「勝っても負けてもお兄ちゃんとできたというのが一番嬉しいと思うし、そこで自分が勝ったら『お兄ちゃんを超えた』と証明できると思うので。しかもポジションも今のままだったら被ると思うのでマッチアップしたい。小さい頃、1対1して全然勝てなくて、すぐにボールも取られていたので、逆に自分が取って自分が抜いてチャンス作ったり、小さな頃の逆をしたいです」と意気込んだ。

 今夏のインターハイ準優勝で高校時代の兄の成績は超えた。だが、兄はプロ1年目から出場機会を勝ち取り、2年目からは不動のレギュラー。佐野はプロ入りこそ果たしたものの、進化を続ける兄に追いつくことができたとは、考えていない。「全然お兄ちゃんの方が上なのでこれからですね」。米子北の中村真吾監督が求める「怖さ」やサッカーIQの向上、フィジカル面など課題を改善しながら、武器を磨いてまずは岡山でのチャンスを掴む。

 佐野はクラブの印象について、「スタッフの方とかもラフな感じで話しかけてくれたり、自主練に選手の方とかも付き合ってくれたりして、コミュニケーションもめっちゃ取りやすくて、自分の明るい、性格的な良いところも出せると思うので、やりやすい環境だなと思いました」とコメント。そして、「小さな頃から見てきましたし、応援に行ったこともありますけれども、岡山のサポーターは熱いので、あの熱いサポーターの中でやれるのはめっちゃ嬉しいです。1年目はやるからには開幕スタメン獲るくらいやって、シーズンを通してゴールもアシストも狙って、チームのためにという部分を忘れずに自分を表現できたらなと思います」と誓った。「おめでとう」の言葉をくれた兄より先にJ1へ、また兄が入ることができていない年代別日本代表入りすることも目標。兄の背中を追って成長してきた佐野が兄を超えて、J、世界で躍動する。

(取材・文 吉田太郎)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!