趣味関係のニュースまとめました。

 13日、鳥取県米子市の米子北高で同校MF佐野航大(3年)のファジアーノ岡山加入内定会見が行われた。佐野は今夏のインターハイでチームを準優勝へ導き、大会優秀選手を受賞。米子北OBで、現在町田で活躍中のMF佐野海舟を兄に持つ。会見には佐野と、岡山の鈴木徳彦代表取締役ゼネラルマネージャー、米子北高の吉川隆司校長、そしてサッカー部の城市徳彦総監督が出席。佐野はプロでの意気込みなどを語った。以下米子北高MF佐野航大がファジアーノ岡山入団内定会見でユニフォーム姿を披露
 13日、鳥取県米子市の米子北高で同校MF佐野航大(3年)のファジアーノ岡山加入内定会見が行われた。佐野は今夏のインターハイでチームを準優勝へ導き、大会優秀選手を受賞。米子北OBで、現在町田で活躍中のMF佐野海舟を兄に持つ。会見には佐野と、岡山の鈴木徳彦代表取締役ゼネラルマネージャー、米子北高の吉川隆司校長、そしてサッカー部の城市徳彦総監督が出席。佐野はプロでの意気込みなどを語った。

以下、佐野、鈴木GM、城市総監督コメント抜粋
●MF佐野航大
「プロサッカー選手になるという小さい頃からの夢を、地元の岡山で叶えることができて大変嬉しく思っています。ファジアーノ岡山の一員として自覚と責任を持って行動・プレーし、自分の長所であるドリブルやパス、ゴール前での冷静さやアイディアを存分に発揮して、 J1昇格に向けて頑張って行くのでよろしくお願いします。 今まで応援してくれた方や、支えてくれた方への感謝を常に忘れず行動していきたい」

―自分の得意なプレーは?
「小さい頃からフットサルをやっていて、狭い局面を高いできる技術、他の選手とは違うリズムでボールを運んだり出来ると思います。プロの練習に参加しても、止める・蹴るの技術は評価されたので、小さな頃からやってきたことが実を結んだと思います。ゴール前のアイディアや遊び心は自分のストロングポイントだと思っているので、それをJの舞台で発揮したいです」

―兄や周りの反応は?
「お兄ちゃんに言った時は『おめでとう』の一言で結構そっけなかったんですけど(笑)、同級生の人たちには『良かったな』と言われて祝福してもらいました。お父さんはお兄ちゃんがプロになって自分もなれるとは思っていなくて、『子ども2人がプロになってくれてびっくりしている』と言われました」

―小さな頃にファジアーノの試合を見たことがあるのか?
「何回かあります。津山市の陸上競技場でやったこともあったので、その時も見ました。シティライトスタジアムでやっている姿を見てかっこいいと思ったので、自分もシティライトスタジアムに立ってプレーしたいです」

―プロ1年目の目標は?
「1年目から試合に出たい。一番の目標は開幕スタメンを取って、チームに貢献してJ1に昇格することです。個人的にはゴールもアシストも、結果という部分でしっかり見せて、1年目からしっかり活躍できるようにしたいです」

―残りの高校生活の目標は?
「インターハイで準優勝という悔しい結果に終わって、プレミアリーグ昇格と選手権優勝という目標があと二つある。その二つをしっかり達成できるように頑張って、ラストの年なので思い切りやりたいです」

●岡山・鈴木徳彦GM
「岡山のクラブとして、元々佐野航大選手は地元の岡山の出身であるということも含めて、非常に注目してきました。彼自身が早くJ1の、あるいは日本を代表する選手になっていくこと、それからもちろん彼の力を含めてファジアーノがJ1に昇格していくこと、そういったところに一緒になって取り組んでいきたい」

●米子北・城市徳之総監督
―プレーの特徴は?
「よく兄と比較されるのですが、攻撃のアイディアは非常に面白いものを持っていると思います。それをどの強度で表せるかが彼の課題だったのですが、全国の舞台でも少しずつ出るようになってきた。これからだと思います。今の時点では高校のレベルで、それがプロの高いレベルで出せるかは彼次第だと思う。私たちも楽しみにしています」

(取材 石倉利英)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!