趣味関係のニュースまとめました。
パターをいくつか変更してきたファウラー(写真は2019年「全米オープン」)(撮影/今井暖)

2017年にパッティングのストロークゲインドでトップの座に君臨したリッキー・ファウラー。2019年も同ランク13位と上位をキープするが、2021年になると同ランク126位にまで落とした。

10月7日から10日まで開催された米ツアー「シュライナーズチルドレンズオープン」の練習ラウンドで、ファウラーはバッグに3本のパターを入れてプレーしているところを目撃された。いつも実戦で使用しているスコッティキャメロン、コブラのキングビンテージスポート45パター、そしてプロトタイプのスポート45の3本である。

横から見ると(提供:GolfWRX)

コブラのツアーオペレーションマネジャーであるベン・ショーミンは、この一風変わったパターについて、次のように述べた。

「これは3Dプリントされ、仕様に合わせてミリングされたスポート45のヘッドです。このモデルは通常、3Dプリントも仕上げのミリングもされません。我々が販売しているモデルとそこまで変わりませんが、微調整にちょっとした技術を使用しています。SIKフェース技術も同様に利用しており、スイングウェートを調整するヒールとトゥのウェートポートも利用しています」

上から見ると(提供:GolfWRX)

ショーミンはこのプロトタイプパターについて、パターフェースのロフトがフェース上部から下部にかけて減っていくSIKのディセンディング・ロフトフェース・テクノロジーを使用していると言及した。より詳しく説明すると、SIKのパターフェースには、4つ異なる平面がミリングされており、これら平面のロフトが1度ずつ(4度から1度まで)低くなっていくことで、転がりと距離感に一貫性をもたらすのである。

パターをプリントアウトした素材は、ショーミンによると標準的なステンレス鋼ではないという。「これは316ステンレス鋼でプリントされました」とショーミン。「こういうと、303/304と316の違いは何か?という質問がでるでしょうね。物理的特性の見地から言うと、これらはほぼ同一です。316の方が、若干高価で、耐食性を高めるためモリブデンが添加されていますが、打感は変わりません。316の方が3Dプリントにより適していたので、こちらを採用しました」

(協力/GolfWRX、PGATOUR.com)

フェイス(提供:GolfWRX)