趣味関係のニュースまとめました。
ミズノ「T22 ウェッジ」誕生。デニムカッパー仕上げ(右)も用意

ミズノ(本社・大阪市住之江区)は、打感と機能性を向上させた軟鉄鍛造モデル「T22 ウェッジ」を10月15日に発売する。

心地よい打感と打音を生むフェースからネックまでの一体成型に加え、今作ではフェース面に銅メッキを採用することで打感のソフトさが向上。ボディの表面処理はサテン仕上げのほか、銅メッキの存在感を押し出したデニムカッパー仕上げが用意されていることも特徴的だ。

また、スコアラインの間に刻まれた細かな溝「ハイドロフローマイクログルーブ」を、今作よりロフト別に最適化。ボールとフェースの間に入り込む雨水や露の影響を受けることなく、ウェットな状況でも高いスピン性能を発揮する。

ロフト角は44度から62度(カスタムオーダー対応を含む)まで豊富にそろい、ソール形状もツアーからのフィードバックを取り入れた4種類のグラインドバリエーションを用意。バウンス効果の大きさや最適な用途別に「Sグラインド」(44~58度)、「Dグラインド」(54~58度)、「Cグラインド」(56~60度)、「Xグラインド」(58~62度)があり、ゴルファーの好みに合わせた幅広い選択が可能となる。

税込価格は2万2000円。問い合わせは、ミズノお客様センター(0120-320-799)まで。