趣味関係のニュースまとめました。

ソフトバンクの熱血男はしかし、今季は14本の熱男しか刻めなかった。143試合のうち115試合に出場できたもののベンチスタートも珍しくなく、情けなさを思い知った。そんな日は必ずといっていいほど、ベンチで違和感を覚えていた。スタメンではない自分の立ち位置もあるが、それ以外の何か――そう、チームの雰囲気だと、松田は察知した。