趣味関係のニュースまとめました。

もっと釣りたい。 ただそのために何十年、何百年も前から、今なお道具は進化を続け、魚の習性は研究され、釣り人は足繁くポイントに通うのです。 こんな活動もその実、道具の進化や習性の研究、ポイントに足繁く通うことと同じ「もっと […]

もっと釣りたい。

ただそのために何十年、何百年も前から、今なお道具は進化を続け、魚の習性は研究され、釣り人は足繁くポイントに通うのです。

こんな活動もその実、道具の進化や習性の研究、ポイントに足繁く通うことと同じ「もっと釣りたいから」に通じるものがある気がしていて。

そう考えると、なにか遠い所の話ではなく、ぐっと身近に感じられるな…と。

 

ヤマシタの「釣場クリーン作戦」

自然との調和と創意創造を礎として「夢とやりがい」を追求し、社会に貢献する

という経営目的のもと創業以来、海中の資源「魚類」「イカ類」に関わる商品・サービスを通じて社会貢献を行い、業界の先駆けとしてECOチャレンジ宣言を継続的に実行しているYAMASHITA Maria。

その具体的な活動として近年ではSDGsに取り組み、今回ご紹介する「釣場クリーン作戦」もその一環。

公式HPはこちら

毎年継続して行われている「日釣振本部」主催の「三崎港水中清掃」+「花暮・向が崎岸壁清掃」が開催されました。

「三崎港水中清掃」+「花暮・向が崎岸壁清掃」

ヤマシタ公式「釣場クリーン作戦」詳細ページはこちら

約20名ほどのダイバーが1時間ほど…でこの量です。いかに海底にゴミが沈んでいるかがわかりますね。

 

できることから始めてみませんか

さすがに海中清掃となると私達にはハードルが高いかもしれませんが、最低限ゴミは出さない…くらいなら誰でもできるはず。

「もっと釣りたい」から釣り場の環境を守る。それはもっと釣りたいから新しいエギを買うのと同じこと。釣りに行って、釣り場を汚して帰る…本末転倒な気がしてならないのは記者だけでしょうか。

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。