趣味関係のニュースまとめました。

デッドスローやタテスト、カバーのピンスポ狙いや、スロー展開なビッグベイトとして人気のブラストボーンSF。 ジャッカル公式 ブラストボーンSF  詳細ページはこちら 【バス釣り】ピンスポットで寄せて、喰わせる。ドッグウォー […]

デッドスローやタテスト、カバーのピンスポ狙いや、スロー展開なビッグベイトとして人気のブラストボーンSF

ジャッカル公式 ブラストボーンSF  詳細ページはこちら

【バス釣り】ピンスポットで寄せて、喰わせる。ドッグウォーク特化型ビッグベイト ” BLAST BONE SF ” PV / 秦拓馬 馬場拓也 郡司潤 村上祥悟 加木屋守

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

190mm/ 50.5gのブラストボーンSF、に続いて2021年夏には150mm/26.0gのダウンサイジングモデル「ブラストボーンJr.」も登場、こちらも人気!

Name Length Weight Type Hook Size Price
BLAST BONE Jr SF 150mm 26.0g Slow Floating ST36BC #4(前)/# 4(後) ¥3,630
BLAST BONE SF 190mm 50.5g Slow Floating ST36BC #1(前)/# 2(後) ¥4,180

 

そんな中、オリジナルサイズのブラストボーンSFに2022年1月、視認性の高い新色2色が登場!

ギラギラウォークシルバー(ブラストボーンSFのみ)

2022年1月登場

側面にウロコ模様の艶ありシルバーホロが施されており、その名の通りドッグウォークアクション時に「ギラギラ」と明滅効果でアピールをします。
ヘッド部には蛍光オレンジ色が施されており、ルアーコントロール時の視認性に優れます。

ブラストチャートボーン(ブラストボーンSFのみ)

2022年1月登場

艶消しのチャートカラーを基調としたボディは、水中では膨張して見え、抜群のアピール力を誇ります。 特にマッディーウォーター水域で活躍します。 また、視認性に優れ、ルアーコントロールがし易いのも特長。

 

【集中力が持続す】縦スト周辺をスロー気味なトゥイッチで狙う!冬に「ブラストボーンSF」が効く理由について加木屋守(マーモ)が解説

スローな展開が効く冬のビッグベイト攻めにも使ってみたいカラーですね!