趣味関係のニュースまとめました。

低水温期のサーフゲーム。 冬の時期は魚が水温の安定する深場に移動しがちですが、その分釣れるサイズは大型が多いことでも知られています。 出典:メジャークラフト公式「ジグパラサーフ」詳細ページ 今回紹介するのはメジャークラフ […]

低水温期のサーフゲーム。

冬の時期は魚が水温の安定する深場に移動しがちですが、その分釣れるサイズは大型が多いことでも知られています。

出典:メジャークラフト公式「ジグパラサーフ」詳細ページ

今回紹介するのはメジャークラフトから展開している「ジグパラサーフ」

ジグパラシリーズの中でも遠投性に優れ、巻くだけでミノーライクなアクションができるタイプのメタルジグになります!

 

冬の低活性時に活躍するテールアクション!

筆者も絶賛愛用中の「ジグパラサーフ」。

サーフゲーム用のジグ・プラグ系が数多く展開されていますが、このジグパラサーフは信頼度バツグン!

特に冬の季節は基本、ジグパラサーフ以外投げないといっても過言ではありません!

なぜ、ここまで筆者がジグパラサーフを推すかというと理由は明確に2つあり、一つは飛距離性能、二つ目はミノーライクなスイムアクションが取れるということにあります!

冬こそ広範囲を攻めるべき!ジグパラサーフの圧倒的遠投性能!

ジグパラサーフはウエイトバランスが後方重心よりの設計。

また低重心により、飛行中の姿勢も安定し、より遠くへ飛ばすことができます。

冬場のサーフはとにかく足で稼ぐのが重要。

一箇所でとどまらず、足を使って広範囲をより丁寧にランガンするのが釣果に直結するかと思います。

筆者の通うサーフでは、基本遠浅のため、遠投できるジグがやはり有利となります。

プラグ系やジグヘッド+ワーム系も有効ではありますが、やはり遠投性能ではジグが一歩リード。

また、一日中キャストし続けるという点でも、ジグのほうが負担になりにくくなります。

 

ミノーライクなスイミングアクション

ジグパラサーフ最大の武器となるのが、リトリーブ時のスイミングアクション!

リトリーブするとミノーライクなナチュラルスイムアクションを演出し、細かなS字とテールが左右に振れる動きとなります。

冬の季節は、基本魚全体が低活性のためスローに誘うのが基本。

リトリーブスピードをスローにしても動きが崩れることなく、しっかりとスイミングアクションをしてくれるのも非常に大きな武器となります。

リアにはブレードがついており、ボディーの波動とは別に細かい波動とフラッシングを強化してくれるので、ヒラメやマゴチが追尾してきたときに見切られにくくなります。

また低重心のため、多少の波でも動きが崩れず足元までしっかり引ききることができます。

上記でも触れたように、冬のサーフは効率よく丁寧に無駄なく攻めるのが重要!

波の影響などで一投を無駄にしないアプローチは、かなり重要になります!

 

また、腹部とリアでそれぞれトレブルフックを装備しているので、バイト時のフッキングミスが少ないのも大きなポイント!

数少ないバイトを確実にする意味でも、このトレブルフックは非常に大きな役割を担っています!

 

ライブベイトカラーも追加!

ベーシックカラーに加え、ライブベイトカラーもジグパラサーフでは追加されています!

筆者的にもこのライブベイトカラーは非常にお気に入り!

日の出前の暗い時間帯はシロギスもしくはゴールド系でアプローチし、陽が昇るタイミングでライブベイトのケイムラ系に切り替えるといったカラーローテーションの幅も広がります!

潮の濁り具合でゴールド系・アピール系などに使い分けることもできるので、基本複数色、何なら全色持っておいても損はありません!

カラーラインナップ

スペック

size:28g / 35g / 40g
color:15色(ライブベイトカラー6色)

メジャークラフト公式「ジグパラサーフ」詳細ページはこちら

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー!
ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。
数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。