趣味関係のニュースまとめました。
会見に出席したISPSの半田晴久会長(中央)、尾崎将司もリモートで参加した(撮影/亀山泰宏)

一般社団法人「国際スポーツ振興協会」(ISPS)は24日に都内で会見を開き、DPワールドツアー(欧州ツアー)と日本ツアーの初共催として2022年4月に行われる新規トーナメントのタイトルスポンサーとして特別協賛すると発表した。

「ISPS HANDA 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント!」は、茨城県のPGM石岡ゴルフクラブで22年のメジャー初戦「マスターズ」2週後に当たる4月21日に開幕。賞金総額200万ドル、日本ツアーの賞金加算対象試合となることも決まった。

DPワールドツアー83人、日本ツアー41人、招待選手(スポンサー推薦)8人(最大2人のアマチュアを含む)で132人のフィールドを構成。優勝者には両ツアーの2年シードを付与する。DPワールドツアーの年間王者を決める「レース・トゥ・ドバイ」のポイントは優勝2750pt(メジャー10000pt、世界選手権シリーズとロレックスシリーズは8000pt)に設定された。

会見に出席したISPSの半田晴久会長は契約期間について「3年」と明言。本来なら同週予定だった「関西オープン」を1週早め、例年国内開幕戦として行われてきた「東建ホームメイトカップ」の開催をさらに前倒しすることでスケジュール調整したことも明かした。

ISPSのインターナショナルアンバサダーを務める尾崎将司もリモートで会見に出席。「これはビッグサプライズ。石岡のコースは日本的だし、日本の選手にもチャンスはすごくある。そういうチャンスを生かさなきゃダメ。ここで勝って世界に羽ばたく、第二のヒデキ(松山英樹)を見たいね」と期待をにじませた。

DPワールドツアー最高責任者のキース・ペリー氏も先立って会見に臨んだ。「ツアー創設以来、日本は51番目のトーナメント開催国となります。日本での初開催に当たり、ISPS HANDA以上のパートナーは考えられませんでした。日本ゴルフツアー機構と一緒にアジアでイベントを開催することは、私たちにとって非常にエキサイティングなこと。DPワールドツアーにとって歴史的な日となります」と喜びのコメントを寄せた。