趣味関係のニュースまとめました。
寝不足…仕事の集中力が下がります(Getty Imeges)

働く人を健康にすることで企業価値を向上させる健康経営。従業員の一人ひとりが健康で元気であれば、ワークパフォーマンスは最大限に発揮されやすくなります。逆に体の痛みやメンタル面に不安がある場合は、仕事への集中力が下がるでしょう。

私が以前に調査した企業では、軽度の健康状態の悪化(出社は可能)による損失額が従業員ひとりあたり約200万円も出ていることがわかりました。心身の健康問題によりパフォーマンスが低下するプレゼンティズムに該当するのは、腰痛や肩こり、寝不足、不安感、二日酔い、頭痛など。誰しも一度は経験したことがあるものでしょう。

そのような状態を放置しておくと、病気による欠勤や長期欠勤をもたらすことがあります。欠勤が続くと、先に挙げた損失額はさらに膨らみ、個人の労働生産性の低下が組織全体の大きな損失を招きます。優秀なビジネスパーソンでも、病気には勝てないのです。

健康管理は大切です(Getty Images)

そのような損失を防ぐためにも、従業員の健康をサポートすることは企業側にもメリットがあるわけです。従業員に健康を考えるきっかけを与えると、ヘルスリテラシーを向上させたいと思う人を増やすことができるでしょう。

従業員が健康であれば、結果としてイノベーティブな組織づくりにもポジティブな影響があります。ここ数年は日本中の企業が働き方改革に関心を持ち、各社できることから着手しています。健康状態が良くなり集中力が高まることで、短い時間に成果を出しやすくなり、労働時間も短縮できます。

まだ従業員の健康サポートをしていない企業におススメしたいのは、腰痛・肩こり対策をすること。具体策として、イスに座りながらのストレッチや、姿勢の改善を促すなどで十分です。以前に検証したところ、定期的に毎日実践した人の約8割の痛みや違和感が軽減しました。お金を使わずにできるため、まずは最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。(平井孝幸・健康経営アドバイザー)