趣味関係のニュースまとめました。

 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。積極的なオーバーラップ、攻撃参加を武器にU-18日本代表候補にも選出されている流通経済大柏高(千葉)SB大川佳風(2年=FC多摩Jrユース出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感DF大川佳風(流通経済大柏高2年)
 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。積極的なオーバーラップ、攻撃参加を武器にU-18日本代表候補にも選出されている流通経済大柏高(千葉)SB大川佳風(2年=FC多摩Jrユース出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●DF大川佳風(流通経済大柏高2年)
―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。
「率直に嬉しいですし、代表に最近入れていなかったので、久しぶりにこういう選抜に選ばれて嬉しいなと思います」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?
「今回は結果を求めてやっていきたいと思っていて、SBでアシストとか、どんどん点に絡めるようなプレーができたらと思っています」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?
「半端ないというところは…(苦笑)。オーバーラップとか積極的な攻撃参加は自分の持ち味なので、そこは出していけたらなと思っています。(初めて代表に呼ばれてから)半年くらいやって結構強度も高くなってきて、自分の持ち味とか(出せているし)、自分の守備苦手だったんですけれども、半年でかなり修正できたと思っているので、そこは臨機応変にプレーしていきたいと思っています」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい。
「県予選は専松(専修大松戸)戦はダメダメで日体(日体大柏)も全然良いプレーができていなかったので。でも市船(市立船橋)との決勝はまあまあまあ、というプレーです(微笑)。悪くはなかったんですけれども、結果としてアシストもできていないですし、まだまだ絡めていないと思っているので」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?
「ここにいる選手は全員そうなんですけれども。福田師王(神村学園)ですね。自分たちの代の目玉というか、結構メディアにも取り上げられているので負けないようにしています」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?
「今回の合宿で自分の経験していることとかを全部出し切って、選手権で全部勝ち抜くために今回は結果を残しつつ、全員とコミュニケーションを取ってやっていけたらなと思っています」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら