趣味関係のニュースまとめました。

 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。インターハイ決勝で青森山田高からPKを獲得するなどキレのあるドリブルなどを駆使し、同大会優秀選手に選ばれている米子北高(鳥取)FW福田秀人(2年)の合宿への意気込みや選手権予選のFW福田秀人(米子北高2年)
 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。インターハイ決勝で青森山田高からPKを獲得するなどキレのあるドリブルなどを駆使し、同大会優秀選手に選ばれている米子北高(鳥取)FW福田秀人(2年)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●FW福田秀人(米子北高2年)
―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。
「メンバーに入ることができて、嬉しいというのが自分の中で一番強いです」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?
「高校選抜に選ばれたからにはチームの代表としてチームの中で自分の結果を出せるように頑張りたいです」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?
「ゴール前での相手との駆け引きは誰にも負けたくないという思いがあります」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい
「選手権での予選は2試合に出場して2点という結果だったんですけれども、決勝では得点決めることはできたんですけれども、自分の中であまり良くなかったというのは強い気持ちがあるので悔しさは少しあります」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?
「神村学園の福田師王選手です。同じポジションですし、負けたくないという気持ちがあります」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?
「この合宿で自分に得られるものは大きいと思うので、この合宿で得られたものをチームでも活かしていけるように頑張っていきたいと思っています。インターハイの悔しい思いが強いので、選手権では自分も結果を残しつつ、チームとしても全国優勝したいという思いがあります」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら