趣味関係のニュースまとめました。

 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。圧倒的な高さやシュートセーブ力を武器とする流通経済大柏高(千葉)GKデューフエマニエル凛太朗(2年)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?●GKデューフGKデューフエマニエル凛太朗(流通経済大柏高2年)
 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。圧倒的な高さやシュートセーブ力を武器とする流通経済大柏高(千葉)GKデューフエマニエル凛太朗(2年)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●GKデューフエマニエル凛太朗(流通経済大柏高2年)
―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。
「シンプルに嬉しくて、周りのレベルも高いと思ったし、そういう人たちとサッカーができるということが嬉しかったです」

―今回の意気込み、ノルマは?
「自チームで勝ち切れないところや勝たせられないところがあったので、この合宿やJヴィレッジカップを通して、無失点で終わるという目標を自分的には考えています」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?
「ハイボールです。タイミングだったり、ズレちゃうと高さが出なかったりするので、そういうところや筋力をもっと上げていかなければいけないと思っています。県大会通して何回かハイボールがあったんですけれども、全部勝ったのでそういうところで自信になっています」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい
「4戦で色々なことがあって、1戦目で初めてチームで逆転勝利を掴んで、2戦目順調に勝ち上がって、3戦目でPKになって、そこで自分が止めて勝たせることができて、そのまま決勝も勝たせるノリだったんですけれども、自分のミスで1失点してしまって。頭真っ白になったんですけれども、そういう時にチームに助けられて、先輩が2ゴール取ってくれて、優勝に繋げられたところがあるので、全国では自分がチームを助けるという思いで戦いたいと思います」

―今回の合宿メンバーや他の選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバル視している存在は?
「自分的には東福岡の須田純弥選手です。前の代表で一緒になって、高体連が純弥だけということもあって負けたくないというのがあります」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?
「今回の合宿では周りのレベルも高いので、色々なことにチャレンジして、自分的にはビルドアップにチャレンジしたりして、あとはリーダーシップを取って、自信を持って、チームに帰れたらなと思っています」」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら