趣味関係のニュースまとめました。

 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。U-17世代を代表するレフティーでゲームメーク力に加えて得点力、アシスト力も進化させてきている神村学園高(神村学園)MF大迫塁(2年)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバMF大迫塁(神村学園高2年)
 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。U-17世代を代表するレフティーでゲームメーク力に加えて得点力、アシスト力も進化させてきている神村学園高(神村学園)MF大迫塁(2年)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●MF大迫塁(神村学園高2年)
―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。
「自分たちの代の高体連の選手が集まる機会はあまりないので、面白そうだなと思いました。(使命感もあると思うが、)色々な人たちからそういう目で見てもらっているので、結果というところでしっかりと残していかないといけない」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?
「3試合あるので勝つことと、その中で中盤に入ると思うんですけれども、攻守の舵取り役をしっかりとして、チームが勝つためにやっていければなと思います」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?
「自分の左足のキックは誰にも負けないと思っています。プリンスとか選手権でも点取れてきて、アシストも増えてきている。得点とアシストがどんどん比例して増えてきているのがこの数か月でどんどんスケールアップしていると思います」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい
「チームが点欲しい時に点取ったりとか、そういうことができて、去年の悔しさもあったので、しっかりとチームのためにやることができました。でも、もっとチャンスの場面もあったし、チームとしてもまだ全然隙とかあったので、やっぱりそこを選手権全国に向けて少しでも(隙を)減らしながらレベルアップしていきたい」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?
「松木玖生選手です。同じ左利きだし、高校サッカーを引っ張っている選手なので、でも全然負けていると思ったことはないので、それを結果で証明したいと思っています」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?
「まずはこういういきなり集まった人たちの中でも存在感を出しながら、しっかり結果を残して、チームに戻って、良い状態で選手権に臨めるようにしたいです」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら