趣味関係のニュースまとめました。

 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。抜群のスピード、推進力を武器に名門・丸岡高(福井)の前線やサイドで存在感を放つMF小関晴人(2年=FELICE FC 浦安)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視していMF小関晴人(丸岡高2年)
 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。抜群のスピード、推進力を武器に名門・丸岡高(福井)の前線やサイドで存在感を放つMF小関晴人(2年=FELICE FC 浦安)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●MF小関晴人(丸岡高2年)
―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。
「普通にビックリしました。(反響は)みんな『おめでとう』とか言ってくれて、素直に嬉しかったです」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?
「みんな自分より上手いと思っているので、みんなのテクニックとか吸収して帰りたいなと思います」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?
「裏への抜け出しですかね。(夏から)成長したと思います。コンビネーションとかの部分でタイミングとか仲間と合わせることができて、より上手く裏抜けできるようになったと思います」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい
「いつも自分はFWやっていて落としのミスとかあったりするんですけれども、選手権出て、あまり落としのミスとか多くはなかったのでそこは良かったです。自分が点を獲ったところはCBにプレスを掛け続けるという丸岡のサッカーをやることができた。そういうところは良かったと思います」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?
大迫塁選手です。ミスが少ないし、周りが見えているところが尊敬できます」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?
「ここで培った経験を持ち帰って、チームの成長の糧にしようと思っています」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら