趣味関係のニュースまとめました。

 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。セカンドボールの回収力の高さや細かなテクニックなどが印象的な岡山学芸館高(岡山)MF木村匡吾(2年=高槻ジーグFC出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選MF木村匡吾(岡山学芸館高2年)
 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。セカンドボールの回収力の高さや細かなテクニックなどが印象的な岡山学芸館高(岡山)MF木村匡吾(2年=高槻ジーグFC出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●MF木村匡吾(岡山学芸館高2年)
―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。
「とても嬉しかったです。(反響は)『おめでとう』とかすごく言ってくれたので嬉しかったです」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?
「周りの選手が自分よりも上手い選手しかいない環境の中でできることがとても嬉しくて、その中で結果を残せるように頑張っていきたいと思っています。(初日ゴールを決めたが)ミスとか多かったので明日から改善していきたいです」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?
「セカンドボールの予測や反応は負けたくないです。2年生になってプリンスリーグで公式戦を経験できるようになって、試合の中で成長できるようになりました。周りのスピードに合わせられるようになって、成長できました」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい
「選手権は緊張だったりであまり上手くできなくて、ミスも多かったので悔しかったです。もっと攻撃参加や展開だったり攻撃面でチームの役に立ちたかったです」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?
福田師王選手や大迫塁選手を意識しています。代表経験が豊富な選手でそういう選手と対等にできるようになっていかないとダメなので、意識していきたいと思っています」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?
「個人としても吸収してきたいんですけれども、チームに良い影響を与えられるように吸収してきたいです。ベスト4以上を目指していきたい」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら