趣味関係のニュースまとめました。

 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。シャドーの位置での効果的なパスや試合を決定づけるような役割が強みである瀬戸内高(広島)MF江川楓(2年=福山ローザス・セレソン出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバルMF江川楓(瀬戸内高2年)
 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。シャドーの位置での効果的なパスや試合を決定づけるような役割が強みである瀬戸内高(広島)MF江川楓(2年=福山ローザス・セレソン出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●MF江川楓(瀬戸内高2年)
―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。
「こういう大きな場所に選ばれて、自分の実力を試す良い機会だなと思って楽しみでした」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?
「自分は攻撃の選手なので、しっかり今回の合宿でしっかりチャレンジして、攻撃のバリエーションなどを増やしていきたいと思っています」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?
「右足のボールコントロールや右足のシュートです。自分、練習後だったり朝練でトラップやパス&コントロールの練習をして、ボールコントロールは前よりも上手くなったと思います」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい
「自分はシャドーとして結果を求めるポジションなので得点は少なかったですし、小さなミスなどが多かったのであまり良くなかったなと思っています」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?
大迫塁選手です。彼は足元の技術はもちろんめちゃくちゃ上手いですし、ゴールに直結する良いパスを出していますし、コンディションの波がなく、常に良いプレー、安定したパフォーマンスを出せるので凄いなと思います」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?
「インターハイはチームとしては2回戦で負けてしまって悔しい思いをしたので、選手権は1回戦で尚志という強いチームですけれども、自分は自分の仕事をしっかりして、チームを勝たせる選手になりたいです」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら