趣味関係のニュースまとめました。

 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。インターハイでボランチの位置でのハードワークや配球などを発揮し、優秀選手に選ばれている東山高(京都)MF真田蓮司(2年=セレッソ大阪U-15出身)の合宿への意気込みや選手権予選のMF真田蓮司(東山高2年)
 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。インターハイでボランチの位置でのハードワークや配球などを発揮し、優秀選手に選ばれている東山高(京都)MF真田蓮司(2年=セレッソ大阪U-15出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●MF真田蓮司(東山高2年)
―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。
「いつもこういう選抜などには選ばれていなかったので、嬉しいという気持ちです」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?
「みんなとコミュニケーションを取って、自分の良いところを出すことと、また選手権に繋げて、その後もこういう代表や選抜に選ばれるようにアピールできたらなと思っています」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?
「運動量であったり、ハードワークできるところとか、ゴールに絡むところは負けたくないですね」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい
「準決勝までは良いプレーができていたんですけれども、決勝という舞台で緊張や重圧とかもあったりしてなかなか良いプレーができなかったんですけれども、チームのためにプレーできたというか、ゴールも決めれたんでそういうところは良かったと思います」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?
「特にこれという選手はいないんですけれども、対戦した相手のボランチには負けたくないと思いながらプレーしています。インターハイの時に松木玖生選手(青森山田)にスコスコ行かれてしまったので、成長して選手権でもう一回、勝ち進んでいけばベスト8で当たるのでそこでやり返したいなという気持ちはあります」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?
「この合宿で自分のできるところもできないところも見えてくると思うので、もう一回チームに帰って練習して、それを選手権に繋げられればチームとしても自分としても良くなっていくと思うので、そういうところを頑張っていきたいと思っています」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら