趣味関係のニュースまとめました。

 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。182cmの長身を活かしたヘッドや足元の柔らかさなどを強みに“公立の雄”大津高(熊本)で存在感を増し始めているMF碇明日麻(1年=FCK マリーゴールド AMAKUSA U15出MF碇明日麻(大津高1年)
 24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。182cmの長身を活かしたヘッドや足元の柔らかさなどを強みに“公立の雄”大津高(熊本)で存在感を増し始めているMF碇明日麻(1年=FCK マリーゴールド AMAKUSA U15出身)の合宿への意気込みや、選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●MF碇明日麻(大津高1年)
―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。
「素直に嬉しいです。ずっと自分も日本代表とか選ばれたいと思っていたので、嬉しいです」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?
「自分より全員上手いので、吸収できるものは全部吸収して帰ろうかなと思っています」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?
「ヘディングでしょうか。朝練とかでずっと練習していて、中学校からずっと得意なプレーだったので、ずっとそこを練習してきたら自分の長所となってきました」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい
「自分は納得行くプレーがあまりできませんでした。自分はボランチとして出場しているんですけれども、どんどん攻撃参加してくボランチが目標で、得点は2点取ることはできたんですけれども、外してしまうことが多かったので悔しいです」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?
「特にいないですけれども、敢えて言うと、自分と同じポジションの人は全てライバル視しています。この合宿だと大迫塁選手だったり、(真田)蓮司選手ですね」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?
「この合宿で色々なことを学べると思うのでそれを自チームに戻っても意識してトレーニングして選手権ではスタメンで出れるように頑張りたいです」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)


▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら