趣味関係のニュースまとめました。

[11.25 Jヴィレッジドリームカップ U-17日本高校選抜 0-2 U-16福島県選抜 Jヴィレッジ]「東山の学年のリーダーとして一応やっていたので、高校の選抜のところでもまとめて行きたいと思って(ゲーム主将を)任せてもらったんですけれども、やっぱりまだまだ足りないと言うか……。もっとチームをまとめたいという意識で臨んだんですけれども、まとめきれないというのが課題として残りました」 U-17日本高校選抜のゲーム主将を務めたCB新谷陸斗(東山高2年)
[11.25 Jヴィレッジドリームカップ U-17日本高校選抜 0-2 U-16福島県選抜 Jヴィレッジ]

「東山の学年のリーダーとして一応やっていたので、高校の選抜のところでもまとめて行きたいと思って(ゲーム主将を)任せてもらったんですけれども、やっぱりまだまだ足りないと言うか……。もっとチームをまとめたいという意識で臨んだんですけれども、まとめきれないというのが課題として残りました」

 U-17日本高校選抜のゲーム主将を務めたCB新谷陸斗(東山高2年=セレッソ大阪U-15出身)は、後方から厳しい声も交えながらチームをコントロールしていたが、まとめ切れなかったことを反省。より細部まで声がけすることの必要性を実感していた。

 プレー面でも特長のビルドアップなどで良さは出していたが、満足はしていない。「自分のストロングポイントであるビルドアップは安定してできたと思うんですけれども、苦手なヘディングやクロス対応がモロに出て、失点にも絡んでしまいましたし、反省点が多く見えたと思うのでこれからに繋げられたらと思います」と引き締めていた。

 インターハイベスト8の東山を後方から支える守備の要。この日はゲーム主将を務めた試合での敗戦を悔しがっていたが、急造チームでプレーする難しさを体感できたことを前向きに捉えていた。「東山で試合をやっている時と全然違って、合わない分走りますし、その中で頭を回転させるというのがここでまた成長できたかなと思います」。残り3日間の活動、2試合でまだ成長する意気込みだ。

 東山のチームメートであるMF阪田澪哉(2年)とMF真田蓮司(2年)、そして、C大阪U-15時代のチームメートであるMF堀川大夢(流通経済大柏高2年)と一緒にプレー。「(堀川とは)離れてしまったら一緒にできないと思っていたので、嬉しい気持ちとそれぞれの個性を知っているのでその分初めて会った人よりもコミュニケーションを取れるのでゲームに繋げられると思います」。試合では仲間たちとともに結果にもこだわる。

「1試合目で負けて、2試合目3試合目も負けることは嫌なので、やっぱり今回のボクの目標としているシュートゼロ、無失点にこだわって、ボクが良いビルドアップをして点に繋げられるように、この2試合は勝っていきたい」と誓った。東山の福重良一監督は教え子たちを送り出す際、選ばれ続けることの大事さについてメッセージ。新谷はそれに応えるためにも勝利に貢献して、自身をアピールする。
 
(取材・文 吉田太郎)


●【特設】高校選手権2021 ▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら